痛みを軽減させる方法とは

>

何が痛みの原因なのか

ゆっくり麻酔を注入する

注射器で一気に麻酔を注入すると、痛みを感じます。
ですから患者の負担を削減しようと工夫している歯医者では、ゆっくり注入したり、数回に分けたりしています。
すると全く痛みを感じず、歯医者での治療を終わらせることができるでしょう。
また治療器具と同じで、麻酔の時に使う注射器の針も細ければ、それだけ痛みを緩和させることが可能です。

痛みが苦手な人や子供が利用する際は、その歯医者での麻酔の打ち方まで調べてください。
どんなに最新の設備が揃っていても、麻酔の時に痛みを感じると意味がありません。
最初にそのような歯医者に子供を連れて行くと、治療は痛いもの、歯医者は怖いものと認識し、これから歯医者に連れて行くのが大変になります。

温度を一定に管理している

さらに痛くないように麻酔を注入するためには、温度も重要です。
温度が低い麻酔を注入すると刺激を大きく感じ、痛みが大きくなります。
しかし体温に近い温度だと、痛みを和らげることができます。
ですから専用の機械を使って、麻酔の温度を一定に管理している歯医者を探してください。

また前もって、歯医者での治療に恐怖心を抱いていることや、今回が子供の初めての治療だと医師に伝えるのもおすすめです。
すると医師もわかってくれるので、普段よりも丁寧に麻酔を打ったり、治療を進めたりしてくれるでしょう。
医師にこちらの情報を伝えるというのは、非常に重要です。
積極的に医師とコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことを心がけましょう。


この記事をシェアする
B!