痛みを軽減させる方法とは

>

虫歯にならない工夫

予防するための方法

子供におすすめなのは、予防歯科をきちんと行ってくれる歯医者です。
予防歯科とは、虫歯や歯周病などの病気にならないように、歯医者が指導することを言います。
この時に正しい歯の磨き方や、自分に合った歯ブラシの選び方を教えてもらえるので、話をよく聞いてください。
子供に実行させるだけではなく、大人も医師から言われた通り、丁寧に歯を磨きましょう。

すると子供は大人のマネをして、普段から綺麗に歯を磨くようになります。
また食べた後はすぐに歯を磨くという、当たり前の習慣も身に付くでしょう。
子供は口内が小さく、ヘッドが大きい歯ブラシでは磨きにくいかもしれません。
その際は、ヘッドが小さく作られている歯ブラシを与えてください。

歯のクリーニング

定期検診の時に、歯のクリーニングを受けられます。
すると口内の汚れを落としてもらえるので、虫歯や歯周病の予防に繋がります。
子供は毎日綺麗に歯を磨いているつもりでも、まだ不十分かもしれません。
ですから定期的に歯医者に行き、クリーニングを受けさせるのが良い予防になります。
さらにクリーニングの後に、フッ素を塗ってもらいましょう。

フッ素は歯を丈夫にしたり、汚れがつかないように守ったりするために欠かせない成分です。
歯磨き粉やマウスウォッシュにも含まれていますが、それだけでは足りないので、歯医者で直接塗ってもらってください。
定期検診に行くのは、3か月に1回程度で構いません。
それなら、部活をしている子供でも通えると思います。


この記事をシェアする
B!